貧乏脱出からコンパクトライフへ

貧乏を脱出する方法はだいたいわかったので、コンパクトライフを目指します。

必要な家具

どうも、昭和生まれです。
畳みでちゃぶ台で正座をさせられた記憶があります。
親父にちゃぶ台をひっくり返されました。嘘です。

寝具は布団で押し入れにドラえもんがいました。嘘です。
掘りごたつがあって、足をぶらぶらさせていました。

家の壁はキラキラしていました。何だったのでしょう。
家具は箪笥に服を収納していました。
ばあさんは着物を樟脳をいれて保管していました。臭かった。

和洋折衷でした。
戦後は生活様式が英国に準ずることになったのですが、
庶民に浸透するにはかなりの時間がかかったみたいです。

よくわからないけど、古式にのっとったものは純和式で
国際的な外交は英国的なものだというダブルスタンダード

某総理夫人はドレスコードを間違えたとかボーダーラインだったとか・・

生活様式は地理的な要因によって変わるもの。好みもある。
家具も地場のものでまかなってきた歴史がある。

で、今必要な家具って・・人それぞれだけど。
まあテーブルとイスとベッドがあれば、あとは収納にちょこっと箱があれば事足ります。

かぐや姫・・ごめんね。多分何も買うものないわ。